陸マイラー?いえ、アフィマイラーです。

クレジットカードとアフィリエイトでマイルを貯めている人のブログ

割り勘もクレジットカードで払いたい!スマホの割り勘アプリはどの程度使えるのか?

投稿:

スマホの割り勘アプリ比較

クレジットカード1枚で過ごせるキャッシュレス生活は支払いもスムーズで尚且つポイントも貯まって、一度始めたら元には戻れなくなるくらい快適です。

しかし、そんな快適なキャッシュレス生活の最大?の弱点が『割り勘』!

飲み会に行く場合、前もって割り勘用の現金を下ろしておかなければいけないし、支払後は端数の小銭が財布に貯まっていくし、ポイントは付かないしでキャッシュレス生活を送る者としてはこれが我慢なりません。

そこで、最近良く耳にするスマホの『割り勘アプリ』がキャッシュレス生活に使えるかどうかを今回調べてみました。

比較する割り勘アプリ一覧

割り勘アプリは現金を手渡しでやっているような『個人間送金』をスマホだけで完結できるサービスの事で、簡単に調べただけでも数種類のサービスが見つかりましたので、どれが使いやすいを比較してみます。

今回比較するのは下記サービスです。

  • paymo
  • Kyash
  • ONE PAY
  • LINE Pay
  • Yhaoo!ウォレット

paymo(ペイモ)

まず最初はpaymoと呼ばれるアプリから見てみます。

電話番号があれば1分で簡単に登録できるサービスで、paymoユーザーじゃなくてもその場で登録してもらう事もできそうです。

メリット

  • paymoユーザー以外にも請求や支払いのリクエストを送ることが可能

また、請求がpaymoユーザー以外にも電話番号を使ったSMSで請求を送る事が出来る点もポイントです。支払いには結局登録が必要なのですが、その場で『請求しておく』というのは後日言うより心理的にも言いやすいので結構大事かなと。

ただし、paymoはレシートを添付しないと割り勘が出来ない点や手数料の問題があります。

デメリット

  • 請求リクエストはレシートを必ず添付しないといけない
  • 出金手数料(200円/件)がかかる
  • 将来的には決済手数料もかかる?
  • 利用には登録が必要

レシートの添付はクレジットカードの現金化等の不正防止の意味もあると思いますが、万が一無くしてしまうとpaymo経由で請求出来なくなるのは頂けません。

また、出金手数料が1件につき200円かかり、決済手数料も今はキャンペーン中で無料ですが将来はかかる可能性があります。

手数料は運営資金になるので仕方が無い事だとは思いますが、だったら現金で良いじゃんとなる人が多そうです。

Kyash(キャッシュ)

paymoと良く似た割り勘アプリにKyashという物もあります。

Kyashの優れている点はpaymoのようなレシートの添付不要なので、割り勘以外にも子供へのお小遣いだったりとより柔軟な個人間送金が可能な事です。

メリット

  • 手数料無料
  • 割り勘以外にも使える

また、Kyashは手数料無料なのが嬉しいポイントです。Kyashがユーザーから一切手数料を取らずに運営できる理由は下記だからと説明しています。

Kyashカードでお買い物されると、Visa加盟店からカード発行会社会社(Kyash)にカード決済手数料が支払われます。

また、送金と決済のシステムを独自に開発しているため、ユーザー様から手数料を頂戴しない運用が可能となっております。

Kyash Help Center 手数料は無料ですか?より引用

他と比べてもKyashは柔軟性が高そうで割り勘アプリとしては最も使い勝手が良さそうなのですが、1点だけ大きなデメリットがあります。

デメリット

  • 出金が出来ない
  • 利用には登録が必要

なんとKyashは現金での出金が出来ないんですね。

これって凄く微妙で例えばKyashを使って飲み会の幹事をやった場合、参加者は一人分をクレジットカード払いできて便利ですが幹事は集めた金額を現金化できず、後日にクレジットカード会社より建て替え分全額を現金で引き落とされるという事になります。

この残高は『オンライン専用のVisaバーチャルカード』として、VISAが使えるネットショッピングやモバイルSuicaへのチャージに使えるそうですが、飲み会となれば結構な金額になりますのでこれでは割に合わないですね。

手数料無料や利用形態を問わないという柔軟性は評価できるだけに私的には惜しいサービスという印象です。

ONE PAY(ワンペイ)

こちらはこの中では最も新しいサービスで現在、iPhoneのみに対応しています。

メリット

  • 決済が非常に簡単
  • ONEPAYユーザーでなくても請求が出来る

ONEPAYの魅力はなんと言ってもその手軽さです。金額を入力して相手のクレジットカードをスマホでスキャンするだけで決済が完了するという優れもので、相手がONEPAYを使っていなくても個人間送金ができるという点は凄いです。

デメリット

  • 手数料が高いので割り勘向きでは無い
  • クレジットカードをスキャンするだけなので悪用が怖い
  • iPhoneにしか対応していない

便利の裏返しで『クレジットカードをスキャンするだけ』で決済が出来てしまうというのはある意味怖いです。不正に入手したカードを使って勝手に請求したり、クレジットカードの現金化に使ったりと悪用する人も出てきそうです。

この辺りの対策はどのようにしているのかを調べようと思ったのですが、ONEPAYは最近出来たばかりのサービスの為か公式サイトにFAQも無い状態なので、本格的に使うのは時期尚早な気がします。

このアプリは今後に注目です。

LINE Pay(ラインペイ)

LINEがやっているサービスのLINEPayは友達同士での割り勘にも使えます。

こちらはクレジットカードが不要で、銀行やコンビニ等からチャージが出来、設定額を下回ったら自動的に銀行口座から引き落とすオートチャージ機能もあります。

メリット

  • 請求と決済が簡単
  • クレジットカードが不要
  • プリペイド・ポストペイド(オートチャージ)どちらも選べる
  • LINEという知名度があるため心理的抵抗が少ない

LINEという知名度、普及率からこの中では最も浸透しやすそうなアプリですが、出金手数料がかかる点とチャージにはクレジットカードを選択出来ない点が微妙な所です。

POINT

  • 出金手数料(216円/件)がかかる
  • チャージにはクレジットカードが使えない
  • 利用には登録が必要

また、LINEに登録しているだけでは駄目で、LINEPayに登録し本人確認を済ませる必要があります。

既にLINEPayユーザーでしかもLINEで繋がっている同士であれば使えるアプリですかね。

Yhaoo!ウォレット(ヤフーウォレット)

最後はYhaoo!が提供するYhaoo!ウォレットについてです。

こちらは知名度がある企業が運営している点と請求と決済が簡単というメリットがあります。

メリット

  • 請求と決済が簡単
  • Yhaoo!という知名度があるため心理的抵抗が少ない

利用には登録が必要なもののこれと言って癖が無いので使いやすいかと思いきや、出金時は総額の2.16%もの手数料がかかるので非常に高いです。

デメリット

  • 出金手数料が高い(出金額の2.16%)
  • 利用には登録が必要

対応銀行が多いのはちょっと便利ですが、高い手数料を支払ってまでこのアプリを使う意味がわかりません。

まとめ

割り勘アプリは使えるのか?という事で各サービスを調べてみましたが、私の意見としては『どれも使えない』という結論に至りました。

その大きな理由として、

  • 支払う側も登録しないと使えない(ONEPAY除く)
  • 出金手数料がかかる(または出金できない)

というのがあります。

結局、割り勘の立替分は後から現金で払わないといけないのに、そこで多少なりとも手数料を取られてしまうのは損です。クレジットカードを使えばポイントの総取りは出来るものの、幹事の手間と手数料で結局マイナス何じゃないかと…

また、登録している同士じゃないと送金が出来ないというのは非常に使い辛く、皆がこういう新しい物について行ける訳じゃないというのが辛い点ですね。

最低でもこの二点が解決しないとメリットが感じられず普及し辛いのではと思うのですが、クレジットカードをスキャンするだけというONEPAYの仕組みについては少し期待しています。

手数料が高いのでONEPAYは割り勘アプリというより、個人間決済の方で役立ちそうなのでスモールビジネスにも使えそうです。

割り勘アプリはまだまだ時期尚早という事で今後の動向を見守りたいですが、ユーザーは手数料がかからずに現金で払うのと遜色ないレベルまでなったら嬉しいですね。

プロフィール

陸マイラー?いえ、アフィマイラーです。

キャッシュレス生活を始めたきっかけに、クレジットカードと電子マネー、そしてマイルに興味を持った現役アフィリエイターの管理人。

アフィリエイトでもマイルは貯められるらしいという事でアフィマイラーとしてマイ活中です!

詳しいプロフィール